2017年3月23日木曜日

【神社】福島天満宮 吉高稲荷神社 他 表忠碑など

神社の写真を撮っていて、後で『これはなんだろう?なんていうのだろう?』と思うものが多々あります。
そして相変わらず稲荷神社の白狐は檻に入れられているわけですが、やはり意味はありますよね。

それでは福島天満宮後半です。

福島天満宮門柱
門柱と梅のコラボを狙ったのですがちょっと重ねすぎました。{汗}

福島天満宮表忠碑
忠義を持って戦火の中で亡くなられた方々を想う碑ですかね。

福島天満宮相殿
相殿です。ここに何座か神様が一緒にいます。

福島天満宮吉高稲荷神社
吉高稲荷神社です。稲荷神社はやはりありますね。

福島天満宮鳥居
おっとこの鳥居は最初に見たやつです。

福島天満宮吉高稲荷神社
お稲荷さんに戻って、ここは朱色に染まっていないです。

福島天満宮吉高稲荷神社
祠には狐の飾り彫りがありました。宮彫りと言うそうです。

福島天満宮吉高稲荷神社の白狐
阿像白狐です。厳重な檻に入っています。

福島天満宮吉高稲荷神社の白狐
吽像白狐です。檻に入っている理由はやはり‥‥

福島天満宮吉高稲荷神社拝殿
祠の中には神棚が見えます。上には御幕があります。

福島天満宮鳥居
更に別の入り口には鳥居がありました。

福島天満宮注連柱
そして注連柱もありました。
ここのお稲荷さんは朱色に塗られていませんでした。
神仏分離で朱色に塗られなくなった神社もあるそうですが、お稲荷さんは朱色のイメージですね。
それはそうと、朱色に塗られていない分、白狐は厳重な檻に入れられている気がします。
魔除けは外から内への意味が主でしょうが、内から外という考えもあるかもしれません。
悪さをしようとした白狐を外に出さない為に、朱色の魔除けの柵がしてあるのではないでしょうか。
そんな事を思いならが次の神社に向かいます。


管理者:秋華Google+    秋華エントランス    写真利用規約

秋華神社インフォメーション

オタクの遊び場-秋華グループサイト-

ネット小説-秋華グループサイト-