2017年3月2日木曜日

【神社】【狛犬】御霊神社の松之木神社に大黒社 他不動明王

再び御霊神社に戻ってきました。
狛犬を撮りにですね。

御霊神社に初めて来た時に思ったのですが、神社の名前って意外と記憶の隅にあるんですよ。
この神社の名前も普通に何故か「ごりょうじんじゃ」と読めてしまいました。
不思議ですね。
日本人の体の中には、神社と共に歩んできた記憶が残されているのかもしれません。

御霊神社
御霊神社にやってきました。古名は圓神祠(つぶらしんし)だそうです。

御霊神社狛犬
御霊神社の阿像獅子です。ここのは特徴があって格好いいですね。

御霊神社狛犬
吽像狛犬も口を閉じ角が有ってなかなかいかした感じです。

御霊神社靭の碑
なんでウツボ?と思ったら矢を入れておく靭ですね。そして地名でしたか。

松之木神社
こちらは松之木神社です。赤い鳥居ですから稲荷?ですか?

大黒社
大きな岩には神がやどるとされていますが、日本では何でもやどります。

松之木神社と不動明王
そして何故か不動明王が。神道も仏教も一緒になっているんですね。

松之木神社狛犬
こちらの神社の狐さんは檻に閉じ込められています。悪さするんですかね。{汗}

松之木神社狛犬
そしてここも、阿像が玉を、吽像が巻物をくわえています。そういう事なんでしょう。

御霊神社
さて、狛犬さん方に挨拶をして、今日の所はサヨウナラ。
1594年まで、現在の西区靭本町に神社があったそうです。
そんな昔の情報がしっかりと残っているんですね。
神社の神主は代々受け継がれ、色々な口伝があると聞きます。
昔の日本がどんなだったのか、聞いてみたいですね。


管理者:秋華Google+    秋華エントランス    写真利用規約

秋華神社インフォメーション

オタクの遊び場-秋華グループサイト-

ネット小説-秋華グループサイト-