2017年3月21日火曜日

【神社】【狛犬】高津宮高津神社の狛犬と表参道へと後半戦

高津神社は広すぎです。{笑}
ここはやはり改めてゆっくり見たいですね。

高津宮高津神社本殿
それではいよいよ本殿です。案内に本殿と紹介されていますので本殿です。

高津宮高津神社狛犬
阿像獅子です。凄く立派ですね。後ろの文字と木が気になります。{汗}

高津宮高津神社狛犬
吽像狛犬です。ここまで角が立派なのは見た事がないかもです。

高津宮高津神社本殿
高津神社本殿です。ちょっとカメラが斜めになってます。

高津宮高津神社本殿
修正しました。今度は逆に傾いているかも。{汗}

高津宮高津神社手水舎
手水舎です。柄杓が多い所から参拝者が多い神社だと分かります。

高津宮高津の富亭参集殿
高津の富亭参集殿です。参拝者が休憩する所です。

高津宮高津神社表参道
上から表参道を見たらこんな感じです。左手にある社殿は披露宴会場ですかね。

高津宮高津神社本殿
再び本殿です。良い絵を求めていたらさっきと同じような写真になりました。

皇紀二千六百年記念献樹
皇紀二千六百年記念献樹だそうです。

高津宮高津神社狛犬
高津宮高津神社の阿像獅子再びです。後ろの参拝方法が素敵です。

高津宮高津神社狛犬
吽像狛犬です。参拝方法は後で少しだけ書きます。

高津宮由緒掲示板
由緒掲示板です。

高津宮境内
本殿左側、最初に上ってきた所です。裏門と鳥居が見えます。

高津宮高津神社本殿
さて、それでは参道を降りていきますか。見えているのは本殿です。

高津宮
右手にある社殿はおそらく披露宴会場です。上側が社務所です。

高津宮恒富庵石碑 北野常富先生筆塚
恒富庵石碑と北野常富先生筆塚です。

垂れ梅と梅ノ井の駒札
垂れ梅と梅ノ井の駒札です。

高津宮献梅碑と梅ノ井
献梅碑と梅ノ井です。

梅乃橋駒札
梅乃橋の駒札です。梅がいっぱいですね。

高津宮梅の橋
梅の橋です。この下を流れる川は道頓堀に繋がっていたとか。今は川が無いです。

高津宮注連柱
注連柱です。参道が長いですねぇ。

高津宮鳥居
ようやく鳥居までたどり着きました。良い感じです。

高津宮鳥居
石でできた鳥居ですが、白っぽいですね。

高津宮扁額
扁額もしっかりとしていて良い感じです。

高津宮石柱
最後は石柱です。順序が逆の紹介になってしまいましたが以上です。
参拝手順が書かれたものは、良縁参拝順路だそうです。
まず神様に挨拶の後、祈願し、悪縁を断つ坂を下り心を清浄するそうです。
その坂は裏側の鳥居から出た所にある階段ですね。
そして参集道裏にある階段を、女性は北から、男性は南から上って、同時にたどり着くと良いとか。
同時にってのは他で得た知識です。
そして再び神前に至り感謝の言葉をお伝えします。
これがこの神社での良縁参拝順路なのだとか。
まあペア、カップル、アベックで来ている人はやってみてください。


管理者:秋華Google+    秋華エントランス    写真利用規約

秋華神社インフォメーション

オタクの遊び場-秋華グループサイト-

ネット小説-秋華グループサイト-