2017年4月10日月曜日

【神社】【狛犬】鼻川神社の狛犬 この神社も元は素戔嗚尊御神祭の八坂神社

鼻川神社はおそらく明治の頃に合祀され、その後復活した神社のようですね。
合祀前は八坂神社のようです。
今では神功皇后も主祭神のようですから、合わせて鼻川神社となっているようです。
元々神功皇后所縁の神社でもあるようですし、菊と五瓜に唐花紋両方の神紋が御幕やお賽銭箱にあります。

この辺り花川というそうですが、何故この漢字なのかは気になります。
昔は鼻川だったんですかね。
元々当て字だった事から、印象の良い花川に変えたといったところでしょうか。

鼻川神社
鼻川神社に到着です。河川敷通り沿いの神社です。

鼻川神社鳥居
鳥居の前に面白い外灯が有ります。一時代前のものでしょうか。歴史を感じますね。

鼻川神社社号標
普段は門柱とか言ってますが、今日は社号標と言っておきますか。

鼻川神社神額
こちらも扁額と言っていますが、今日は神額と言っておきます。

鼻川神社鳥居
曇り空の隙間から太陽が出そうな気配です。嵐のような空ですね。

鼻川神社手水舎
手水舎です。普通の手水舎です。やたらと灯篭に囲まれています。

鼻川神社参道
参道です。手前に狛犬、橋を渡って奥にも狛犬がいるようです。

鼻川神社百度石
橋の手前に百度石がありました。普通の形です。

鼻川神社狛犬
阿像獅子はまずまず見かけるタイプです。舌を突きあげているやつですね。

鼻川神社狛犬
吽像狛犬はニンマリとしています。いらっしゃいと言ってくれているようです。

鼻川神社注連柱
橋の向こうには注連柱があるのですがその手前には屋根付きの鳥居?のようなものが‥‥

鼻川神社拝殿
拝殿です。右側には楠の御神木があります。御幕には神紋が二つならんでいます。
河川敷沿いの意外な所にあるのですが、元は今の河川敷内にあった神社だそうです。
復活の際元の場所には戻せないので、こういうギリギリの地に遷座する事になったのでしょうね。


管理者:秋華Google+    秋華エントランス    写真利用規約

秋華神社インフォメーション

オタクの遊び場-秋華グループサイト-

ネット小説-秋華グループサイト-