2017年8月31日木曜日

【神社】宝蔵神社へ 今まで見てきた全ての神社と雰囲気が違います!

この神社に来たのは良かったですね。
宝蔵神社です。
今まで見てきた神社とは雰囲気が違います。

ただ、坂を上るのが大変でした。{苦笑}
いやマジで、この暑さで死ぬかと思いましたよ。

宝蔵神社参道
宝蔵神社へ向かう道は、既に参道のようです。結構坂が続きそうですね。

宝蔵神社参道
何やら建物が見えてきましたが、アレは社殿ではなさそうな気がします。

拝殿
こちらが拝殿ですよね。なんだか規模が大きすぎて唖然です。

拝殿
神社のはずですが、寺院という感じもします。

全国流産児無縁霊供養塔
全国流産児無縁霊供養塔です。珍しい塔です。

納札所
納札所です。結構大きいです。この神社は全部スケールがデカいです。

立て札
石仏の説明が書かれた立て札です。仏ですからやはり仏教の影響が強そうな神社です。

石仏
石仏です。ガラス張りなので光が反射して見にくいです。{汗}
写真が少ないのは、坂に疲れてヘトヘトになってしまったからです。{苦笑}
これはもう一度行って撮影しなとですね。
そして祭りの準備中だったようで、そのあたりゴチャゴチャしていたのもあります。
来るなら祭り当時か、何も無い時がいいですね。

【観光】橘島から塔の島へ 川にいるけれど海鵜? 他 十三重石塔など

鵜飼いの鵜は、海鵜なんですね。{汗}
特に考えた事はありませんでしたが、知って少し感動です。

今回は宝蔵神社に行くまでの写真です。

宇治川しだれ
宇治川しだれと書かれた石柱があります。

宇治川しだれ
宇治川しだれはこれですね。なかなか大きいしだれ‥‥桜ですかね?

橘島
橘島から塔の島へ渡る橋が見えます。この辺り大阪中之島に似てる気がします。

海鵜
鵜飼いの鵜がいました。これは海鵜ですね。調べると基本海鵜が使われるそうです。

海鵜
海鵜が水浴びしています。激しいですね。{笑}

宇治発電所
宇治発電所からの水が流れ出ている場所でしょうか。

宇治川
水が結構流れているようでかなり泡立っています。

十三重石塔
十三重石塔です。1,2,3‥‥確かに13でした。

十三重石塔
写真左側から写真を撮っている人もいました。うん、木が‥‥

喜撰橋
喜撰橋です。ここも参道っぽいですよね。欄干が低いのでちょっと怖いです。

船乗り場
船乗り場ですよね。なんか大河ドラマなんかで出てきそうな風景です。

宇治川
さて、宇治川とはこれでお別れです。帰りは宇治橋を渡ります。

生長の家宇治別格本山
生長の家宇治別格本山と書かれています。
次は宝蔵神社です。

京都はいつまでも京都であってほしいですね。
日本って感じがします。
田舎に行けばこういう風景は結構あるんですかね。
田舎の旅とかしてみたいです。

【神社】宇治上神社を出て朝霧橋へ 他 この花はなんだろう?

本当はもっとゆっくりと見て回りたいのですが、暑くてヤバいのと時間も無いので次に向かいます。
神社だけでなく観光地という事で見る所は他にもあるのです。
橘島、そして塔の島へと向かいます。

拝殿と本殿
手前が拝殿で奥に見えるのが本殿です。本殿は覆屋ですが。

宇治上神社社号標
世界文化遺産の社号標です。が、字が読めません。{汗}

宇治上神社
横手の門から出て今日の所はサヨウナラ。またいつか来ます。

白い花
外には白い花が咲いていました。芙蓉?なんの花か分かりませんので後で調べます。

白い花
最近は葉も分かるように撮っておきます。調べた時に確認しやすいですからね。

白い花
ピンボケも怖いのでもう一枚撮っておきます。

朝霧橋
さて参道を逆行して朝霧橋まで戻ってきました。今度は橋を渡って橘島へ向かいます。

宇治川
宇治川の流れはとにかく速く見えます。普段淀川を見ていますからね。

宇治川
宇治橋方面です。島は大阪で言う中之島のようです。小さいですけれどね。
次に向かうは宝蔵神社です。
それまでにまだ少し島の写真が続きます。

2017年8月30日水曜日

【神社】宇治上神社にある武本稲荷社 やっぱり大きな神社には稲荷社があるね!

国宝のある宇治上神社ですが、こういう神社にもやはり末社として稲荷社があるんですね。
宇治上神社にあるのは『武本稲荷社』だそうです。

神社を巡っていて思うのですが、『武』という字は結構見ますね。
昔はそれだけ武を重んじてきたのでしょうか。
宇治上神社の祭神を見る限りでは、武内宿禰が何か関係あるのかもとも思えます。
まあ全く調べず適当な事を言っているわけですが。{笑}

武本稲荷社
ピアノ売ってちょーだい!それはタケモトピアノ!ここは武本稲荷社です。

武本稲荷社
こちらも覆屋があって、奥に祠があります。神紋は稲荷社のものですね。

白狐
阿像白狐です。こちらの狐さんは悪さはしないようですね。

白狐
吽像白狐です。網に入ったり柵で囲われたりしていませんね。

扁額
扁額です。武本稲荷と書かれています。稲荷社でよくある大明神や大神ではないです。

祠
ピンボケしてしまいました。社の中が写る時はよくピンボケします。

武比知大神
武比知大神と書かれた石です。武先生が多いです。

千成大明神
千成大明神と書かれているように見えますが、調べても出てきません。

武本大神
武本大神の石です。武本稲荷とごっちゃになるから稲荷と書かれていたのかも?

武本大神
武本さん一家がこの辺りで大活躍していたのかもですね。

手水所
手水所です。水は結構綺麗だった気がします。

前に紹介した手水舎は、桐原水の覆屋だそうですね。
桐原水が出る場所に建物を建てて覆っている感じなんですね。
中で裸になって体全体を清める為かと思っていました。{笑}

しかし相変わらず大事な所でピンボケしています。{汗}
撮った時に確実に確認できる方法が有ればいいなと思います。
デジカメの小さな画面だと、結構綺麗に見えるんですよねぇ~‥‥

【神社】【狛犬】宇治上神社の本殿 これ覆屋だったんですか! 他 厳島神社など

さて、平安時代末期に作られた本殿とやらです。
立て札がありました。
よく読むと‥‥
覆屋?

本殿
さて本殿です。これが平安時代末期に作られた?意外と綺麗ですね。

春日社
こちらは春日社です。こっちの方が年季が入っていそうです。

立て札
ウジノワキ先生以外に応神天皇と仁徳天皇も祀られていますね‥‥ん?覆屋?

覆屋
なんと本殿と思われたこの建物は覆屋でしたか。中をしっかり見ておくべきでした。

狛犬
阿像獅子です。二ヘラと笑っているように見えますね。この角度だと。

狛犬
吽像狛犬ですが、この写真の角度だと角は確認できません。

天保4年
天保4年に造られた階段でしょうか。200年近く前です。

厳島社
厳島社の祠です。こうして末社が置かれていると、何処の神社も同じだと思えます。

井戸
井戸跡でしょうか。まさか蓋を取ったらそのままって事はないでしょう。
井戸跡を見るといつも思います。
結構危ないなと。
昔の人はこんな井戸を利用していたんですかね。
気になります。

そしてこの日、暑かった事もありじっくり見て回らず、後で写真で確認しようとかそんな感じでした。
後で確認すると、今すぐに行って確認したい事が出てきますね。
覆屋の中、じっくり見てみたいです。


管理者:秋華Google+    秋華エントランス    写真利用規約

秋華神社インフォメーション

オタクの遊び場-秋華グループサイト-

ネット小説-秋華グループサイト-