2017年5月23日火曜日

【河川敷】色々な花を撮ってみました!今までゆっくり花を見るなんてなかったのでどれも珍しい花に見えます!

河川敷の散歩に戻ったら、色々な花が綺麗に咲いている所を発見しました。
今度は色々な花を撮ります。

染井吉野
立ち入りできない所に凄く綺麗な桜がありました。ここで花見ができたらいいですね。

猛禽類
鳶っぽい鳥が飛んでいました。鳶ってしっぽがこんなに長かったでしょうか。

猛禽類
別の写真では違う印象です。チョウゲンポウですかね?

毛馬閘門
鳥が飛ぶ瞬間を撮るつもりでしたが遅かったです。

芝桜
芝桜です。綺麗に咲きまくっています。

カンシロギク
カンシロギクですかね。シャスターデージーと見分けがつきません。{汗}

桜と飛行機
桜と飛行機です。こういう絵は駄目ですね。

飛行機
それでも飛行機は撮ってしまうのです。{汗}

ツバキ
赤いツバキですね。ちょっときちゃない気がします。

フヨウカタバミ
フヨウカタバミです。調べるのに苦労しました。

フヨウカタバミ
フヨウカタバミって、カタバミどれだけ種類があるんですか‥‥

オオキバナカタバミ
オオキバナカタバミですよね‥‥花は似てるので調べるのが難しいです。

ムスカリ
どうやらムスカリという花のようですが‥‥

桜
最後は普通に桜です。
花の名前を調べるのは難しいです。
雑草はマイナーな品種の場合本当に出てきませんからね。
とりあえず今回は一応埋まりましたが、間違いはあるかもです。

【河川敷】毛馬の閘門前方が開いて船が出て行くまで 他 綺麗な桜など

前々から撮りたくて狙っている写真があります。
太陽と重なる飛行機です。
この日かなり惜しかったんですよね。

毛馬閘門
いよいよ前方の門が開かれます。青い船は徐々に見えなくなります。

桜
風が吹くと桜が気になります。花弁が舞うのが綺麗なんですよ。

桜
まあ門が開くのはゆっくりですから、桜の写真を撮っていても大丈夫でしょう。

毛馬閘門
ここまで開くと青い船は見えないです。水位が下がったんですね。

太陽と飛行機
太陽の傍を飛行機が!惜しい写真でした。白い点は多分虫です。

毛馬閘門
堰が完全に水上にでてきました。

毛馬閘門
これで全開ですかね。いよいよこれから船が出て行きます。

毛馬閘門
これだけ水位が低いのです。閘門が無かったら淀川は頻繁に溢れるでしょう。

毛馬閘門
後ろの船も続いてでていきます。お疲れさまでした。

毛馬閘門
とりあえず満足したのでまた散歩に戻りますか。

桜
綺麗な桜です。水しぶきのようです。
はい、閘門を見て納得できたので散歩再開です。
でもまたこの後見るんですけれどね。{汗}

【河川敷】毛馬の閘門に船が突撃! 閘門に入っていく様子と閘門が閉まる様子を見ていた!

こうもんにとつげき!{苦笑}
こうもんにはいっていくようす!{汗}
こうもんがしまるところ!‥‥

平仮名で書いてはいけませんよ。{笑}

毛馬の閘門を通り抜けようと思っていたら、写真を撮っている人やじっと見ている人がいたので、私もそこにまざってきました。

新淀川と船
新淀川から続々と船が閘門へ向けてやってきます。

新淀川と船
此処で新淀川から旧淀川に入っていくんですね。

毛馬閘門
この柵の下を船が通るので見てみます。

毛馬閘門
船がきました。ちゃんと通れますかね。

毛馬閘門
余裕ですが、高さのある船だとつっかえそうです。

船
最後の一隻はドリフトして何やらやっていました。

毛馬閘門
先頭の青い船は既に出口付近まで船を進めています。

毛馬閘門
水面の高さは1mくらい新淀川の方が高い気がしますね。

桜とカラス
おっと毛馬閘門都島区側に綺麗な桜が咲いていました。烏もいます。

桜
見事な桜で、風で花弁が舞っていたのが印象的でした。

毛馬閘門
全ての船が閘門内に入った所で、後ろ側を閉めます。

毛馬閘門
徐々に閉まっていきます。かなりゆっくりでした。

毛馬閘門
ようやく壁の下側が水面につきました。更に下がっていきます。

毛馬閘門
青の壁が下がっている奴です。

毛馬閘門
更に下がって底についたようです。

毛馬閘門
さて次はいよいよ前方の堰が開かれますよ。上げられると言った方が分かりやすいですかね。
かなりマッタリとした時間が流れていました。
全部見るのに結構時間がかかったんですよね。
だからちょいちょい合間に別の写真を撮ってました。{笑}

【河川敷】芝生みたいに一面に咲く黄色い花はなんだろう? 他 初毛馬の閘門通り抜け

毛馬の閘門の所、通るのは初めてです。
通れるんですね。
ただ水門のある橋の上は通れませんでした。

トゲミノキツネノボタン
トゲミノキツネノボタンですね。小さな花が地面に天の川を作っています。

トゲミノキツネノボタン
花を近くで見るとこんな感じです。光沢のある花びらが特徴です。

棘実の狐野牡丹
向こうにある菜の花と一緒に河川敷を黄色に染めています。

橋と太陽
アマテラスちゃんと橋のコラボレーションです。1枚だけです。

淀川大堰
私が毛馬の水門と言っていたのは淀川大堰だそうです。

毛馬の水門
こちらが毛馬の水門ですね。旧淀川の水を調整します。

ムクドリ
おっと飛んでるムクドリをとっさに撮りました。ほとんど分かりません。{汗}

毛馬の閘門
毛馬の閘門を通り抜けできるようです。では渡ってみましょうか。

毛馬閘門の上
此処は毛馬閘門の水門上辺りです。向こう側の水路が閘門へと繋がっています。

淀川大堰
淀川大堰です。あそこで新淀川下流の水を調整している感じですかね。

淀川大堰
淀川大堰の上の道です。橋ですよね。残念ながらここは立ち入りできません。

新淀川下流
淀川大堰から見た淀川下流です。広くて気持ちがいいです。

淀川大堰
はい、こんな感じですね。入れないのでございますよ。
なかなか気持ちの良い天気でした。
むしろこの日は暑かった記憶があります。
日にも焼けちゃいましたよ。


管理者:秋華Google+    秋華エントランス    写真利用規約

秋華神社インフォメーション

オタクの遊び場-秋華グループサイト-

ネット小説-秋華グループサイト-